ロレックス稀少性と来歴は常に重要

ロレックス“レインボー・ハンジャル”デイデイトが、予想落札価格の4倍近い高値を記録したのは、さまざまな理由がある。ロレックスデイトナ スーパーコピーが複雑な装飾を施し、18KWGのケースにダイヤモンドパヴェダイヤル、レインボーサファイアをセットしたベゼル(同色のインデックス付き)、ダイヤモンドをセットしたプレジデントブレスレット、ケースバックにはオマーンの独特なハンジャルの紋章がダブルで入っているのだ。

ロレックス デイデイト ロジウム 118135 新品腕時計メンズ送料無料

品名 デイデイト ロジウム
Day-Date Rogium
型番 118135
素材 ケース 18Kエバーローズゴールド
ベルト 18K革
ダイアルカラー シルバー
ムーブメント 自動巻き
Cal.3155
防水性能 100m防水 防水性能
サイズ ケース:36 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラス サファイヤクリスタル風防
仕様 日付表示 3針 曜日表示
付属品 ロレックス純正箱付・国際保証書付

そこで、今回のオンライン販売を担当した英国サザビーズのスペシャリスト、トム・ヒープ(Tom Heap)氏に、この時計の背景の詳細を伺った。

「この時計が成功したのは、その希少性だけでなく、まったく使用されていない状態だったからです」とヒープ氏は解説する。「オークションに出品された初めてのモデルということもあり、価格設定については迷いました。また、ジャック・ニクラウスの時計が非常に高い評価を得て、慈善活動の観点からも高く評価されたケースとは異なり、今回(デイデイトが)どこまで高く売れるかは見当がつかなかったのです」

サザビーズによれば、この時計は1984年にオマーンのスルタン、カブース・ビン・サイード・アール・サイード(Qaboos bin Said Al Said)国王から譲り受けた個体だという。カブース国王は、ロンドンのアスプレイ社に依頼して、友人や来日した要人にユニークなロレックスの時計を贈ることで知られていた。

ハンジャルの紋章は、ヴィンテージロレックスの世界では珍しい存在ではない。1970年7月23日から2020年に亡くなるまでカブース国王陛下が率いていた中東オマーンの国章である(A Collected Manの記事では、時計製造におけるこのシンボルの背景がうまくまとめられている)。ハンジャルの紋章が入ったロレックスの時計は、何年も前から高い人気を誇っている。王族由来の出自が興味をそそるのは当然ながら、デイデイトの現代史の重要な部分、すなわちアラブ世界との絆を明らかにしてくれるからだ。

ドバイ在住のマリク氏は、デイデイトが中東の人々に愛されているかどうかという質問に、「イエスともノーとも言えるでしょう」と答える。「中東の宗教はイスラム教が主流で、金を身につけることはコーランで禁止されているのです。だから、西洋に比べてPtのデイデイトが多いのだと思いますが、なかには金無垢の時計をつけている人もいて、そういう方をよく見かけます。中東でファーストオーナーの時計を探すと、ほとんどがデイデイトで、アメリカのデイトジャストやサブマリーナーとは対照的です。また、ほかでは見られないようなスペシャルオーダーもたくさんあります」

【関連記事】:http://keys.co.jp/plusUp/cgi/diary.cgi

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s